里山おすそわけ定期便

京北町の松平さんから、お野菜が届きました!里山おすそわけ定期便。
楽天堂でも受け取れます。写真の半量で1200円。
できるだけ固定種を種から育てています。 無農薬無化学肥料栽培。
今日入っていたのは、
スッキニーニ(ロマネスコ)、
万願寺唐辛子、
千両なす、
ミニトマト、
鷹峯唐辛子、
賀茂なす、
オクラ(エメラルド)、
なす(フィレンツエ)、
おかのり、
オクラ(レッドベルベット)、
こどもピーマン、
空心菜。

ご興味のある方、ご連絡下さい。月2回楽天堂で受け取れます。

※「里山おすそわけ定期便」は、松平さん・山本さんご夫婦が経営する耕し歌ファームの仕事で、直接ご家庭に配達してもらえます。http://tagayasiuta.com/
山本さんは「小さな仕事塾」の塾生で、ひつじ商店街の一員でもあります。
お二人は、『畑とつながる暮らしかた』を編集・出版してもいて、楽天堂はたいへんお世話になりました。

「花と器」展@細見美術館 

小さな仕事塾の塾生、立花なおこさんの仕事です。

以下、立花さんのFBより。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

京都での展示会のお知らせです。
10月15日(木)〜18(日)の4日間
京都市左京区岡崎 細見美術館3F
茶室 古香庵 にて
「花と器」 和紙の椿、菊などの秋の花や 花かんむりを展示販売させていただきます。
ご一緒に 宇治の陶芸家 笹谷博さんとのコラボ商品も出させていただく予定です。私もとてもわくわく楽しみです。
秋深まる紅葉の時期に開催となりますので、素晴らしい景色も楽しめます。美術館では、「琳派のやきもの 乾山」の会期中です✨
(こちらのDMをお持ちいただくと100円引きになります。)
ぜひ遊びにいらして下さいね。
これから、少しずつ置いて頂けるお店様にお声かけさせていただければと思います。
よろしくお願い致します。
また、DMをご希望してくださる方がおりましたら、ぜひぜひお声をかけて下さいませ。。。(以下略)
https://www.facebook.com/ Rubyflowergrow ◇mail◇ info@rubyflower.ocnk.net


9月12日(土)アラブンカフェ開催@からこと舎

小さな仕事塾の塾生、相沢恭行さんの企画です!
9月12日、ぜひ、からこと舎へ。パレスチナと商いを通じてつながっている北村さんからも学ぶことを楽しみにしています。

 

以下、相澤さんからの小さな仕事塾塾生へのメッセージとお知らせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~仕事塾みなさんへのメッセージ~

私自身、アラブとつながる活動は10年以上しているのですが、
それを「なりわい」としてやっていくことは大変なことです。
改めてしっかりと起業したいという思いで、
この小さな仕事塾でみなさんと共に学んできました。

ゲストの北村さんは、
すでにこうしてアラブとつながる仕事で起業された方です。
まさに私のやりたいことを先駆けて実現されているので、
まずは何よりも私自身が彼女の起業事例を学びたくて企画しました。

小さな仕事塾主催のケーススタディーは以前よく開催されていて、
未熟ながら私も一度発表させてもらったこともあるのですが、
今回は塾生である私が仕事塾のケーススタディーを見習って、
自分でケーススタディーを主催してみようという試みであります。

起業事例について学べて、さらにアラブのことも知れるという企画です。
(以下省略)

*ところでパレスチナといえば、パレスチナ・オリーブの皆川さんは、
すでに長年にわたってアラブとのお仕事を続けられています。
いつか皆川さんのケーススタディーも企画したいです!

~以下イベント案内~

●PEACE ON アラブンカフェ第一回目●
「商いでつなぐパレスチナの希望(アマル)」

「商いを通してアラブを知り友だちになろう!」というコンセプトで始まったピースオンの新企画「アラブンカフェ」の第一回目ゲストは、パレスチナ・アマルの北村記世実さん。「ラスト・カフィーヤ」などパレスチナに唯一残る工場で紡がれる伝統的な織物を販売する事業を2013年に立ち上げられた北村さんは、先日初めてのクラウドファンディング(インターネットを通じた資金調達)を見事に成功させました。この度は北村さんにパレスチナとの商いのご経験をお聞きします。国を超えた商取引の面白さと難しさ、そしてアラブの人々や文化についても学びながら、一緒にアマル(アラビア語で希望)を語り合いましょう!

*「楽天堂・小さな仕事塾」の協力でケーススタディー(事例研究)形式を取り入れます。
*北村さんは8月にパレスチナを訪問されました。最新現地報告も聞けます!

○日時:2015年9月12日(土)13時30分~16時30分
○場所:からこと舎
   京都市中京区聚楽廻松下町12-31
   JR円町駅(京都駅から山陰線で3駅目快速停車)より徒歩12分
   http://www.takayanagim3.com/index/access.html#2
★行き方:円町駅から丸太町通りを右(東)へ歩き、4つ目の信号(御前通を過ぎて中央図書館手前の信号)を北へ左折して、最初の十字路で東に右折して北側3軒目。
○ゲスト:北村記世実さん(パレスチナ・アマル)
     http://palestine-textiles.jp/
○参加費:一般 2000円/小さな仕事塾の塾生 1500円
○予約申込先:メール office@npopeaceon.org
       電話  090-3973-9594(相沢)9月11日まで 

*パレスチナのお茶&ナツメヤシの実(デーツ)付き
*パレスチナ・アマル&ピースオンの商品(アラブ民芸品など)も販売します。

主催:ピースオン http://npopeaceon.org/
協力:パレスチナ・アマル http://palestine-textiles.jp/
   楽天堂(小さな仕事塾)http://www.rakutendo.com/

--
相沢恭行拝
Yasuyuki Aizawa (Yatch)
Mobile:090-3973-9594
(+81-90-3973-9594)
PEACE ON (ピースオン)
[イラク支援・文化交流]
http://npopeaceon.org/
facebook: http://www.facebook.com/PeaceOnNuzha
          http://www.facebook.com/yasuyuki.y.aizawa
Twitter:  https://twitter.com/#!/YasuyukiAizawa
〒616-8047 京都市右京区花園宮ノ上町45番地
45 Miyanokami-cho,Hanazono,Ukyo-ku,
Kyoto 616-8047 JAPAN
tell&Fax/075-464-3768(+81-(0)75-464-3768)
mail/office●npopeaceon.org (●を半角@に換えてください)




鈴木さんの放牧豚料理@ロカンダきだや

小豆島の鈴木博子さんが放牧で買ってる豚肉の最初の販売がついに今週始まるようで、小さな仕事塾の仲間でもあるロカンダきだやさんのところに、豚肉が届きます!

そこで堺町画廊のふしはらさんときだやさんに暑気払いに行こうということになりました。
8月10日(月)18時からを予定しています。

ご希望の方、どうぞご連絡下さい。
いっしょに楽しい一夜をすごしましょう。
木田さんに相談したところ、会費は3300円+飲み物代で、今回はしてくれるそうです。
鈴木さんが内蔵を送ってくれるので、内蔵料理もあるそう、、、。

鈴木さんから連絡があり、楽天堂には、放牧豚が8月8日(土)に入ってくることになりました。

実費でおわけします。100g200円+送料(の一部)50円です。
500g前後のブロックで入ってきます。
(ローストポークで食べるとおいしいです。)

多めに注文しました。
京都近辺の方で、ご希望がありましたら、どうぞご連絡下さい。

 

小豆島育ち放牧豚の購入者募集!(2015.7.4)

(小さな仕事塾メ-リングリストより)

小豆島で放牧養豚をしている鈴木です。
昨年の9月に生まれ、2か月のときに、うちの牧場にやってきたブタの兄弟が
大きくなりましたので、毎月1頭ずつお肉にしていこうと思っています。

小豆島では今もオリーブを植えるために、農家だけじゃなく、いろいろな職種の人・会社が山を新たに拓いたり、耕作放棄地に植えています。

なのでなかなか実家の畑(エサ小屋がある)の周りで土地が見つけられないのですが、
島ならではの小さな面積ですが、そこでブタを放牧しています。

エサは給食センター、老人ホーム、宿泊施設、お豆腐屋さんからいただき、
オカラを腐らせないために米ヌカ、カロリーを増やすためにくず米をお米屋さんから購入しています。

オカラと米ぬか以外の物は、一度、かまどで炊き、白カビと乳酸菌たっぷりの発酵したエサで蓋をして3~5日発酵させたものに
オカラを混ぜて与えています。

発酵により
エサが吸収しやすくなり、体内の微生物バランスも整うので、外からの病原菌の影響を受けにくくなります。
糞も臭いが少なくなるのかなぁとも思っています。

行政的には、防疫の観点で豚舎を締め切り、外部から隔離したいのだと思いますが、
それでも病気は発生しています。放牧養豚ではできる限りの防疫はしつつ、
ブタがストレスなく健康に暮らせる環境づくりに力をいれています。

作ったエサ以外に農薬のかかっていない草、落ち葉、小枝なども与えますし、
放牧場の中では、多年生草本の皮を剥いで食べたり、
根っこを掘り返して食べたりしています。

ブタは本来、土を掘り起こす生き物なので、とても生き生きした姿を見ることができます。

豚舎で飼う場合、エサを食べ終わったら何もすることがないので柵をかじったり、お互いのしっぽをかじったりするそうで、
生まれたときにしっぽを切り落としているブタが多い中、ここではしっぽはついています。同じ兄弟でも右回りと左回りがいます。

大きくなったときに犬歯が伸びてケガをさせないように・・・という理由で、8本ある犬歯の先を生まれてすぐに切っていますが
(今後はやめてみたいと思っています)
こんな感じで飼っています。

今、お肉をカットし真空パックにするために、実家の物置を改装しています。
後は水回りだけで、その後、保健所の許可がもらえたら販売をしたいと思っています。

1頭のブタから約60kgのお肉がとれます。
(うちのブタは一般のブタ6か月より長く育てているので、
オカラたっぷりのエサ&放牧という条件にも関わらず大き目です)

1頭のお肉、1頭のブタのいのちを無駄なく食べれたらと思い、
まだ販売日が決まっていないのですが、お肉を買ってくださる方を募集しています。

FBにもアップし、千晶さんもシェアしてくださっているのですが、ご案内させてください。

+++++++++++

●真空パック売りのお肉は、500g前後で、1g2円(税込)です。

●部位の指定はできません。

●販売開始は7月下旬を考えています。

●島外の配送はゆうパックのクール便(冷蔵)もしくは、クロネコヤマトのクール便(冷蔵・冷凍)で、送料はご負担ください。

●冷凍と冷蔵での引き渡しを選べます。

●予約は先着順です。

●脂身が好きな方はお知らせを!脂の多いブロック肉を選んでお届けします。

●赤身のお肉が好きな方も教えてください。できるだけ赤身のお肉をお届けします。

+++++++++++

まだまだお肉は試行錯誤です。それも島で手に入るもので。

私たち人間も夏と冬では、体調が違うように、ブタも違います。

季節のお野菜、魚の質に合わせて調理法を変えるように、
お肉も季節、その時その時の違いを楽しんでいただければと考えています。

毎月、兄弟のブタたちも歳を重ねていくわけで、どうお肉が変わっていくのか怖くもあり楽しみでもあります。

有名なイベリコ豚は2年くらい育てるので、もし順調に今のお肉用のブタを毎月1頭潰しても、
最後のブタは生後1年8か月!

一緒にお肉の変化を楽しんでくださる方を募集しています。

どうぞよろしくお願いします。

お問合せ・お申込み
鈴木 博子
香川県小豆郡小豆島町池田2147番地
TEL:080-2996-7362
MAIL:zukey0419@yahoo.co.jp


山崎さんの重ね煮体験会があります (2015.7.3)

山崎さんから、重ね煮体験会のお知らせです。

7-8月の重ね煮体験会をご案内をさせてください。

重ね煮は、野菜の蒸し煮なのですが、
おいしい・かんたん・日持ちする・アレンジ自在と家庭料理の強い味方。
まとめて作ってストックしておけば、いつでもすぐに野菜がたっぷり食べられま
す。実習で作った重ね煮はお持ち帰りいただけますので、その日の夕食からぜひどうぞ。
ぜひ、お気軽にお声をかけてください。よろしくお願いいたします。
--------------------------------
●場所:楽天堂 からこと舎
日程:7/5(日)、7/7(火)、8/2(日)、8/4(火)
時間はいずれも10:30~13:00です。
玉ねぎとにんじんの重ね煮実習+3種類のアレンジ料理試食
参加費:2500円

・ご都合が合わない場合は4名様のグループでお申込みいただきましたら、から
こと舎の空きを確認の上ご希望の日程で開催いたします。グループの場合は、子
供さんもご一緒いただけます。

★食材準備の都合上キャンセル料をお願いしております。
当日ご連絡の場合は100%とさせていただきます。
--------
お問い合わせ・お申込み:山崎雅子
電話:090-1021-0064
メール:yamasako-661128@docomo.ne.jp


ロカンダきだや、鈴木さんの放牧豚、つながる (2015.7.3)

木田さんのお店「ロカンダきだや」で、小豆島の鈴木さんの放牧豚をつかうことになりました。「小さな仕事塾」の塾生どうしでお互いの仕事を生かしあえて、とてもうれしいです。
鈴木さんの豚肉を食べてみたい方、ぜひ鈴木さんの方に予約してください。(鈴木さんのHPがないので、連絡先をご存じでない方は、とりあえず、楽天堂にご連絡下さい。)

以下、小豆島の鈴木博子さんより。


 昨日、知り合いが届けてくれた試食用のお肉がご縁(?)で、レストランから予約が入りました。

まだカット・真空パックをする加工場のリフォームが終わっておらず、保健所の許可がいつになるのか分からないのに、うれしい!

「いつか見に行きたい」ともおっしゃってくださり、感激しました。ご縁を大切にします。

お肉の購入を検討くださっている方、販売日は決まっていませんが、ぜひご予約を!

初めての事なので、60kgくらいのお肉を残さずにみんなで食べてしまえるのか心配しています。

●真空パック売りのお肉は、500g前後で、1g2円(税込)です。

●部位の指定はできません。

●販売開始は7月下旬を考えています。

●島の中の配達は1か所200円、もしくは加工場のある鈴木家まで受け取りに来てください。

●島外の配送はゆうパックのクール便(冷蔵)もしくは、クロネコヤマトのクール便(冷蔵・冷凍)で、送料はご負担ください。

●冷凍と冷蔵での引き渡しを選べます。

●予約は先着順です。

●脂身が好きな方はお知らせを!脂の多いブロック肉を選んでお届けします。

●赤身のお肉が好きな方も教えてください。できるだけ赤身のお肉をお届けします。

ご予約お待ちしています!